遠隔医療アプリの構築方法: 2023 年の究極のガイド

新型コロナウイルス感染症のパンデミックの時代では、対面でのやり取りが危険になり、人々は病院に行くよりも遠隔医療を好みます。 その結果、遠隔医療は世界各地で広く使用され、多くの患者、医師、スタッフに恩恵をもたらしています。 これは病気の蔓延を防ぎ、多くの病院の業務負荷を軽減するのに役立ちます。 同時に、患者に迅速かつ安価な医療サービスを提供します。 遠隔医療アプリのおかげで、私たちは医師の予約を入れ、診察を受け、領収書を受け取り、さらにはそれらのサービスの料金を支払うこともできます。 時間が経つにつれ、遠隔医療アプリケーションの開発は多くの医療機関の業務の重要な部分になってきました。

1. 遠隔医療アプリの概要

世界保健機関 (WHO) によると、J. Craig と V. Patterson の『遠隔医療の実践入門』では、遠隔医療を次のように定義しています。 

「双方向の視聴覚およびデータ通信を使用した医療の実践。これには、医療サービスの提供、診断、相談、治療だけでなく、健康教育や医療データの転送も含まれます。」

遠隔医療にはテクノロジーを応用するさまざまな方法があり、遠隔医療モバイル アプリもその 1 つです。過去数年間で、モバイルデバイスのユーザー数が増加し、インターネットが普及し、身体的および精神的健康の維持に対する意識が高まりました。

さらに、遠隔医療アプリは、ビデオ通話、会議、またはインスタント メッセージングを介して、デジタル プラットフォーム上で上記のすべてを実行する方法です。

現在の遠隔医療業界のトレンドをいくつか詳しく見てみましょう。

「世界の mHealth アプリ市場規模は 2022 年に 435 億米ドルと評価され、2023 年から 2030 年にかけて年間平均成長率 (CAGR) 11.6% で拡大すると予想されています。」

                                                                        グランドビューリサーチ

2023 年 2 月に最近公開されたStatistaの最近の投稿では、遠隔医療の採用が増加していることが示されています。2021 年以降、遠隔医療のあらゆる傾向が増加しており、医療業界の医師、患者、スタッフが遠隔医療ソフトウェアの使用にますます慣れてきていることを示しています。2022 年の増加セクターには以下が含まれることも観察されています。

  • ライブ写真相談
  • ライブビデオによるコンサルティング
  • ヘルスケアアプリまたはウェブサイトで相談する
telemedicine app

2. 遠隔医療アプリはどのように機能しますか?

各遠隔医療アプリケーションには独自のワークフローがありますが、共通のワークフローに従います。

  • まず、患者はシステムにログインし、アカウントを作成し、健康症状を説明します。
  • その後、アプリがあなたの健康状態を分析し、近くにある最適なクリニックや病院を推奨します。
  • 推奨医師のリストを受け取った後、ユーザーは、適切だと思う医師を選択し、アプリケーションを使用して直接通話(ビデオまたはフェイスタイム)またはメッセージ(写真、ビデオ、音声メッセージの交換)を予約することができます。
  • オンライン診療中、医師は患者の健康状態について質問し、治療法を推奨し、臨床検査を指示します。
  • オンライン診療が終了すると、患者は処方箋と医師の紹介状を受け取り、さまざまな支払い方法で医療サービスの料金を支払います。

3.遠隔医療アプリを構築するメリット

医師忍耐企業・クリニック・病院
– より多くの患者を同時に治療できる
– キャンセルや予約の忘れが少ない
– EHR (電子医療記録) への便利なアクセスと専門家のネットワークの拡大
– ヘルスケアへのアクセスが容易
+、ヘルスケア専門家へのオンデマンド アクセス
+、クリニックや病院に行く必要がない
+、使いやすさ (どのデバイスからでもアクセス可能)
– ヘルスケア コストの削減
– 幅広いコンサルタント
– コスト削減
– 顧客ベースの拡大
– 離職率の低下
– 患者ケアの質の向上
医師も患者も
– 時間効率の良い治療
– 安全性
– 治療の有効性の向上

4. 遠隔医療アプリの種類

提供できる遠隔医療サービスには 3 つの異なるタイプがあります。遠隔医療アプリを作成する場合は、これらのタイプを考慮して、提供できるサービスを決定してください。

タイプ説明
1ストアアンドフォワードこのアプリは、患者が自分の病状を説明するために画像、写真、フォーム、記録などを医師に送信するのに役立ちます。したがって、医療スタッフと患者が同時に対応する必要はありません。
2遠隔監視・IoTを活用した遠隔医療このアプリを使用すると、医療提供者は遠隔地の患者の健康状態を追跡できます。
心拍数、血圧、血糖値などを測定するために使用される特別な装置があります。これらの取得された情報はアプリの医療記録に自動的に追加され、医師が苦しんでいる患者の変化を追跡するのに役立ちます。
3リアルタイムのインタラクティブなサービス電話やビデオ通話による相談、または医療専門家への電話による患者の自宅訪問を含むタイプ。
– 患者退院後のフォローアップ相談
– メンタルヘルス療法および神経心理学
– 薬学的アドバイス
– 遠隔看護相談
– 受傷後のリハビリテーションプロセスのモニタリング

5. 必須の機能

5.1. 忍耐

  • 登録/サインイン:

個人アカウントを使用すると、アプリで患者の健康状態を追跡したり、アプリ内カレンダーをスケジュールしたり、顧客に通知したりできるため、ユーザーが健康状態を覚えておくよりも便利です。患者は、電子メール、電話番号、または Facebook や Twitter などのサードパーティ ツールを使用してサインインできます。SMSやメールによる二段階認証も忘れずに。

  • プロファイル管理

登録後、ユーザーは登録フォームを受け取ります。そのフォームでは、名前、性別、年齢などの一般情報と、過去の治療歴、健康状態などの特別な健康情報について尋ねられます。アプリは受け取った情報に基づいて患者の個人プロフィールを設定します。 、医師が患者の健康状態にアクセスし、適切な治療を受けられるよう、日々の健康状態に協力します。この情報は非公開であり、患者とその医師のみが利用できるようにする必要があることに注意してください。

  • ヘルストラックダッシュボード

ダッシュボードには、チャート、図、棒の形式で患者情報が含まれています。患者と医師の両方がこれを使用して、患者の状態を監視し、陽性または陰性の兆候を特定し、患者への警告や他の多くの種類の医療データを確認できます。 

  • 検索とフィルター

これらの機能は、ユーザーが医療の専門分野、言語、レビューや評価などに基づいて最適な医師を見つけるのに非常に役立ちます。

  • ビデオ通話

ほとんどの健康診断では、医師は患者の症状を正確に診断するために診察する必要があります。ビデオ通話は、音声またはテキストのみの会話よりも優れた場合があります。 

  • メッセージ

ビデオ通話をする必要がない場合、ユーザーは医師にテキスト メッセージを送信できます。医師が空き時間に回答できるため、軽微な問題を抱えている人にとっては、これが最適な選択肢です。写真やファイルの添付は、テキスト チャットに素晴らしい追加機能となる可能性があります。 

  • カレンダー

アプリ内カレンダーを使用すると、ユーザーは医療スタッフとの予約を監視および管理できます。患者が予約を変更する必要がある場合は、カレンダーで直接変更を加え、医師の承認を待つことができます。ユーザーはアプリから通知を受け取り、予定の時間を思い出させることもできます。

  • 支払詳細

カスタム支払いサービスまたはサードパーティ支払いのいずれかを選択できますが、セキュリティが重要であることに注意してください。サードパーティの支払いはすべてのビジネス要件を満たすことができますが、独自の支払いシステムを開発する場合は、信頼できるソフトウェア開発会社に依頼することをお勧めします。 

  • 医師のレビューと評価

医師の治療後、患者はレビューを残し、その経験についてコメントを残し、医師を評価することができます。この機能は、他の多くの患者が信頼できる医師を見つけるのに役立ちます。 

  • プッシュ通知

上で述べたように、ユーザーに予定を思い出させ、健康状態やアプリの更新を追跡するには、アプリのプッシュ通知を開発する必要があります。 

5.2. 医師

  • プロフィール

何よりもまず、医師は患者の目からより信頼できるように、プロフィールを更新し、専門分野、医療能力、経験などを明記する必要があります。 

  • カレンダー管理

医師にとっては、予定をスケジュールに組み込むことが容易になります。また、顧客が予約を延期したい場合は、医師にリクエストを残し、医師の返答を待つこともできます。 

  • EHR の表示

医師は、患者の医療データに基づいて処方や治療を決定するための EHR を含め、顧客の健康状態にアクセスできる必要があります。 

  • アプリ内メッセージとビデオ通話

また、患者と医師の間の双方向のコミュニケーションにより、医師はクライアントとより効率的につながり、対話するためにこれらの機能を備えている必要があります。医師は患者にテキストメッセージを送ったり電話をかけたりして、治療プロセスや健康状態を追跡できる必要があります。

  • 患者の評価

顧客は医師からのレビューや評価も得ることができます。彼らは、クライアントが約束に欠席したことについて採点し、苦情を残すことができます。

6. 技術スタック

ここでは、遠隔医療アプリ開発のためのテクノロジーの大まかなリストを示します。実装したい機能の選択に応じて、テクノロジースタックはニーズを満たすために変更される可能性があります。 

  • フロントエンド開発: ReactJS 、 Angular、 
  • バックエンド開発: Node.js、Phyton、PHP、; データベース – Postgres、MongoDB、MySQL、 
  • モバイル開発: iOS – Swift、Android – Java、
  • Web開発: Javascript、HTML、CSS、Vue.js、React.js
  • データベース: Firebase、MySQL、MongoDB、 
  • 複数の支払いモード: PayPal、Braintree、Stripe
  • ユーザー位置の追跡と地図の統合: MapKit、Google Maps API、CoreLocation
  • プッシュ通知: Twilio、Push.io
  • アプリ内メッセージングと通話: Twilio
  • 音声/ビデオ通話: Web RTC、RTMP
  • カレンダー: Google カレンダー API
  • クラウド環境: アマゾン ウェブ サービス (AWS)、Google、Microsoft Azure。

7.遠隔医療アプリを構築するにはどうすればよいですか?

遠隔医療アプリを構築する必要がある場合は、まず誰が実際にこれを行うのかを決める必要があります。一般的なオプションが 2 つあります。

  • 最初のオプションは社内チームを雇用することですが、適切なスキルを持つ開発者を見つけるのに多大な費用と時間がかかる可能性があります。ただし、プロジェクトを完全に制御できるようになり、データ漏洩と自立性が減少します。
  • 2 番目の方法は、オンショアまたはオフショアで専任のソフトウェア開発チームを雇用することです。資格とスキルを備えた IT 専門家に連絡し、ベンダーの経験を活用する方が、より安くて簡単になる可能性があります。ただし、信頼できないベンダーからのアウトソーシングを選択すると、時間がかかり、予算を超過し、やり取りが難しくなります。

ご覧のとおり、各オプションには長所と短所があり、需要と予算に応じて最適なオプションを選択したり、2 つを組み合わせたりすることもできます。2 つの方法は次の基本的なプロセスに従います。

7.1. 調査と分析

最初に行うべきことは、要求を満たすプロジェクトを特定することです。あなたのアイデアが実装する価値があることを確認するために、ターゲット顧客、市場、競合他社について調査を行う必要があります。この段階は、直面している問題と、それらを迅速かつ効果的に解決する方法を知らせる基本的なステップです。遠隔医療業界のライバルを調査するときは、価格、プラットフォーム、ユーザーのレビューに注意を払い、長所と短所を正確に把握してください。

7.2. プロトタイピング

遠隔医療アプリの開発過程には多くのプロトタイプがあります。これらはすべて、アプリを確実に開発するために必要です。まず、開発者が何をすべきかを確実に理解できるように、基本的な機能のスケッチを作成します。次に、UI/UX デザイナーが詳細と機能を追加してプロトタイプを完成させます。 

7.3. テスト

ユーザー向けにアプリを起動する前に、デザインから機能に至るまで、ほぼすべてをテストする必要があります。各テストの後、開発者はフィードバックを受け取り、変更と改善を加え、最終的にバグを修正します。

7.4. MVP の開発

必要な機能のみを備えた最小限の UI デザインを備えた実用最小限の製品 (MVP) を作成した後、ユーザーのフィードバックを収集し、最終テストを実施します。ユーザーからのフィードバックが増えると、後の段階で修正されたり再設計されたりするバグが少なくなります。

7.5。導入とメンテナンス

すべての機能が実装されたら、最終製品を実行し、アプリにプロジェクト関連データを与えることを忘れないでください。結局のところ、利用可能なすべての機能を備えたモバイル アプリは、アプリ マーケットプレイスで公開する準備ができています。

最後に、システムの健全性を監視し、必要なアップデートを提供するメンテナンス チームを維持することを忘れないでください。

8.遠隔医療アプリの構築にはどれくらいの費用がかかりますか?

遠隔医療アプリの開発にかかるコストと時間は、次のような多くの要因によって異なります。

  • 技術スタック
  • プラットフォームの選択 (iOS、Android、Web サイトなど)
  • 機能性
  • デザイン
  • チームの規模
  • 時間料金
  • 開発者の資格

開発チームの所在地別に遠隔医療アプリの開発コストを見てみましょう。45,000 ドルから 280,000 ドルまで幅があります。南アジアの専任チームを選択すると、遠隔医療アプリの構築にかかる費用を大幅に削減できることがわかります。

位置平均コスト(単位:米ドル)
オーストラリア160,000
アメリカ280,000
イギリス180,000
西ヨーロッパ150,000
東ヨーロッパ75,000
南アジア45,000

>>> 続きを読む: ベトナムへのソフトウェアアウトソーシングの 10 つの大きな利点

9. 遠隔医療アプリはどのようにして収益を上げていますか?

ビジネス モデルに関係なく、遠隔医療アプリには次のようなさまざまな収益化オプションがあります。

  • サブスクリプション: サブスクリプション モデルでは、特定のアプリのすべてのコンテンツにアクセスできます。月単位、四半期単位、または年単位で利用できます。
  • 1 回限りの購入: 断続的なサービスや緊急のサポートに最適です。
  • アプリ内広告: 広告は収益を生み出す優れた方法です。全画面バナーまたは単なるウィジェットである可能性があります。ウィジェットはサイドバーまたはフッターに配置できます。
  • フリーミアム: 標準オファーでは、顧客は限定されたサービスを無料で利用できますが、顧客がさらに必要な場合は、フリーミアムを提供して追加のサービスに料金を支払わせることができます。
  • 外部リンク: アプリは、書籍、MP3 ファイル、ポッドキャストなど、あらゆる形式でサービスや製品へのリンクを提供できます。

結論

遠隔医療は、病院、診療所、医療会社と患者を結び付け、医師と患者間の移動時間を短縮し、医療施設や医療の質を向上させ、遠隔地へのアクセスを拡大する貴重なテクノロジーです。 市場動向を見ると、世界市場で遠隔医療アプリケーションの需要が高まっています。 したがって、今が遠隔医療アプリを作成するのに最適な時期です。 遠隔医療アプリ開発のメリットを誰よりも早く享受してください!

アジアで信頼できるテクノロジー パートナーを選んで遠隔医療アプリを構築したい場合は、今すぐお問い合わせください。一緒に始めましょう。 私たちは、Web およびモバイル製品の構築と、ビジネスの成功の明確なイメージの作成をお手伝いします。

How To Build a Telemedicine App: An Ultimate Guide in 2023

In the era of the COVID-19 pandemic, where face-to-face interactions become risky, people prefer using telemedicine to visiting hospitals. As a result, telemedicine has been used widely in every part of the world and has benefited a large number of patients, doctors and staff. It brings faster and usually cheaper healthcare services to patients while preventing the spread of the diseases and reducing the workload for many hospitals. Thanks to telemedicine apps, you can schedule an appointment with a doctor, receive a consultation, get a receipt and even pay for such a service. Gradually, telemedicine application development has become a vital part of practice for many healthcare organisations. 

1. Overview of Telemedicine App

In “Introduction to the practice of telemedicine” J.Craig and V. Patterson, according to The World Health Organisation (WHO) defines telemedicine as 

“The practice of medical care using interactive audiovisual and data communications. This includes the delivery of medical care services, diagnosis, consultation, treatment, as well as health education and the transfer of medical data”

There are various ways of applying technology in telemedicine, and telemedicine mobile app is one of them. It has witnessed a growing number of mobile device users, internet penetration and awareness of maintaining both physical and mental health in the past few years.

>>> Read more: Top 5 Trends in Healthcare Technology

In addition, telemedicine apps are the way of doing all the above on a digital platform via video calling, conferencing or instant messaging. 

Let’s take a closer look at some of the trends in the telemedicine industry in present time.

“The global mHealth apps market size was valued at USD 43.5 billion in 2022 and is expected to expand at a compound annual growth rate (CAGR) of 11.6% from 2023 to 2030.”

Grand View Research

A recent post by Statista, recently published in February 2023, depicts that adoption of telemedicine is on the rise. All trends of telemedicine have witnessed an increase since 2021, indicating that doctors, patients and staff in the medical industry are becoming more and more familiar with the use of telemedicine software. It is also observed that the increase sectors in 2022 includes:

  • Live photo consults
  • Live video consults
  • Health app or website consults
telemedicine app

2. How does Telemedicine App work?

Each telemedicine app has its own working process, however, they follow a common process below:

  • Firstly, a patient logs in to the system and creates an account, then describes their symptoms
  • Secondly, the app analyses user’s health condition to suggest the most suitable clinics or hospitals nearby
  • After receiving a recommended doctors list, the user then can choose a doctor they find appropriate and schedule a live call (video or audio) or messaging (exchanging photo, video, voice messages), using a built-in calendar.
  • During online consultation, a doctor would ask about the patient’s health conditions, recommend treatment, assign any lab tests and so on. 
  • When online consultation ends, the patient receives prescription and doctor’s recommendation and pays for the healthcare service using various payment methods

3. Benefits of Building a Telemedicine App

DoctorsPatientsBusinesses/ Clinics/ Hospitals
– Ability to treat more patients simultaneously
– Fewer cancellations and missed appointment
– Convenient access to EHR (Electronic Health Record) and expand network of professionals
– Easier access to Healthcare
+, On-demand access to healthcare specialists
+, No need to travel to clinic or hospitals
+, Ease of use (accessible on any device)
– Reduce Healthcare cost
– Broader consultant
– Cost reduction
– Expand customer base
– Lower turnover
– Higher patient care quality
Both Doctors & Patients
– Time-efficient treatment
– Safety
– Improve effectiveness of treatment

4. Types of Telemedicine Apps

There are 3 different types of telemedicine services that you can provide. Take consideration of these types to decide what services you are able to provide when making a telemedicine app.

TypeDescription
1Store-and-forwardThis app will help patients send images, photos, forms, records, etc. to describe their medical conditions to doctors. Consequently, medical staffs and patients do not need to be available at the same time
2Remote monitoring/ IoT-based telemedicineThis app allows healthcare providers to track health conditions of their remote patients.
There are special devices used for measuring heart rate, blood pressure, levels of sugar, etc. These obtained information are automatically added to the medical records of the app to help doctors keep track of any changes in patients suffering.
3Real-time interactive servicesThe type that includes phone and video calls for consultation, or call a medical specialists to visit patient at home, including:
– Follow-up consultations after the patients is released from the hospital
– Mental health therapy and neuropsychology
– Pharmaceutical advice
– Remote nursing consultations
– Monitoring post-injury rehabilitation process

5. Essential Features

5.1. Patients

  • Registration/ Sign-in:

With a personal account, the app can track a patient’s health condition, schedule in-app calendars and notify the customer, it is more convenient than letting the user keep them in mind.  Patients can sign in via email, phone number or with the help of third-party tools, like Facebook or Twitter. Don’t forget to take two-step authentication via SMS or email. 

  • Profile management

After registration, users will receive a form to register, the form will ask them about general information like name, gender, age and special health information like previous treatment history, health conditions… The app will set up patients’ personal profiles based on received information, cooperating with their daily health conditions to help doctors access their patients’ health conditions and take an appropriate treatment.  Remember that this information is private and should be available only to patients and their doctors.

  • Health track dashboard

The dashboard includes patient information in the form of charts, diagrams, bars. Both patients and doctors can use it to monitor patients’ status, identify positive or negative signs, patient alerts and many other types of medical data. 

  • Search & filters

These features can help users a lot in finding the best-suited doctors, according to medical specialty, language, reviews and ratings, etc.

  • Video calls

In most health examinations, the doctors need to see the patients’ symptoms to exactly diagnose them. A video call can be better than just voice-or-text-only conversations. 

  • Messages

When there is no need to make a video call, users can send a text message to doctors. This is a best option for those having minor issues, because it allows doctors to answer in their free time. Photo and file attachments could be a great addition to the text chat. 

  • Calendar

In-app calendars allow users to monitor and manage their appointments with medical staff. If the patients need to reschedule the appointment, they can make changes right in the calendar and wait for doctors’ approval. The users can also receive notifications from the apps to remind them the time of their appointments.

  • Payment details

You can choose between a custom payment service or a third-party payment, but mind security matters. Third-party payments can meet all the business requirements, but if you choose to develop your own payment system, it’s better to hire a reliable software development company. 

  • Doctor Reviews and Ratings

After the medical treatment from a doctor, the patient can leave reviews and leave a comment about the experience and rate the doctor. This feature will help many other patients in finding a trustworthy doctor. 

  • Push notifications

As we mentioned above, you need to develop push notifications for your app to remind users about appointments and keep track of their health conditions, as well as app updates. 

5.2. Doctors

  • Profile

First and foremost, doctors have to update their profile and specify their specialisation, medical competency, experience and more to make them more reliable in patients’ eyes. 

  • Calendar management

It will be easier for doctors to place the appointment in their schedules. And in case customers want to postpone the appointment, they could leave a request for the doctor and wait for the doctor’s reply. 

  • Viewing EHRs

Doctors should be able to access clients’ health conditions, including EHRs to decide the prescriptions and treatment based on the patient’s medical data. 

  • In-app messages and video calls

The doctors also need to have these features to connect and interact with clients more efficiently due to two-sided communication between patient and doctor. Doctors should be able to text or call patients to track their treatment process and health conditions.

  • Patient Ratings

Clients can also get reviews and ratings from doctors. They can grade and leave a complaint about their clients’ absence in the appointment.

6. Tech Stack

Here, we give you a rough list of technology for telehealth app development, depending on your choice of what features you want to implement, the tech stack might change to meet your needs. 

  • Front-end development: ReactJS, Angular, 
  • Back-end development: Node.js, Phyton, PHP, ; database – Postgres, MongoDB, MySQL, 
  • Mobile development:  iOS – Swift, Android – Java,
  • Web development: Javascript, HTML, CSS, Vue.js, React.js
  • Databases: Firebase, MySQL, MongoDB, 
  • Multiple payment modes:  PayPal, Braintree, Stripe
  • User location tracking and map integration: MapKit, Google Maps API,  CoreLocation
  • Push notifications: Twilio, Push.io
  • In-app messaging and calling: Twilio
  • Audio/ Video call: Web RTC, RTMP
  • Calendar: Google Calendar API
  • Cloud environment: Amazon Web Services (AWS), Google, Microsoft Azure.

7. How to build a telemedicine app?

Once you need to build a telemedicine app, you first need to decide who will actually do this. There are 2 common options for you:

  • The first option is hiring an in-house team, which may cost a lot of money and time to find the developers with the right skills. But it allows you to completely control the project, decreases the data leaks and self-reliance.
  • The second way is hiring a dedicated software development team, either onshore or offshore. It could be cheaper and easier to connect to qualified and skilled IT professionals, and capitalise on the experience of the vendors. However, if you choose to outsource from an unreliable vendor, it will take more time, over-budget and difficult interaction.

As you can see, each option has its pros and cons, you can choose the most suitable one or even combine the two based on your demands and budget. The two ways will follow a basic process:

7.1. Research & Analytics

The first thing you should do is to identify your project that meets demands. You should conduct research about your target customer, market and competitor to make sure that your idea is worth implementing. This stage is a basic step to let you know which problems you are facing and how to solve them quickly and effectively. When researching your rivals in the telehealth industry, pay attention to their prices, platforms and user reviews to know exactly their strengths and weaknesses.

7.2. Prototyping

There are many prototypes in the process of telemedicine app development. They are all necessary to ensure your app development. Firstly, creating a sketch of the fundamental functionality first to ensure your developers know what should be done. Then, the UI/UX designers will add more details and functionality to fulfil the prototypes. 

7.3. Test

You need to test almost everything before you launch the app for users, from the design to the features. After each test, the developers will receive feedback, make changes and improvements, and finally fix bugs.

7.4. MVP Development

After creating a Minimum Viable Product (MVP) which only has necessary features with barely UI Design, you will gather user feedback and conduct the final test. Having more user feedback, fewer bugs are fixed and redesigned at later stages.

7.5. Deployment & Maintenance

When all the features are implemented, remember to run the final product and give your app the project-related data. After all, your mobile app with all the features available is ready to launch on app marketplaces.

Finally, don’t forget to keep a maintenance team that monitors system health and provides necessary updates.

8. How much does it cost to Build a Telemedicine App?

The cost and time of developing a Telemedicine App will depend on many factors like:

  • Tech stack
  • Platform choices (iOS, Android, website…)
  • Functionality
  • Design
  • Team size
  • Hourly rates
  • Developer’s qualifications

We’ll look at the telemedicine app development cost by location of the development team, it varies from $45,000 to $280,000. It can be seen that choosing a dedicated team from South Asia would help you reduce a lot in building your telemedicine app.

LocationAverage Cost (unit: US dollars)
Australia160,000
The US280,000
The UK180,000
Western Europe150,000
Eastern Europe75,000
South Asia45,000

>>> Read more: 10 Great Advantages of Software Outsourcing to Vietnam

9. How does Telemedicine App make money?

Regardless of the business model, Telemedicine App can have a variety of monetisation options, such as

  • Subscription: A subscription model allows access to the full content of a given app. They can be either available on a monthly, quarterly or yearly basis.
  • One-time purchases: This work best for intermittent services or urgent support
  • In-app advertisement: Ads are an excellent way to generate revenue. It could be a full-screen banner or just a widget. The widget can be put in the sidebars or footers.
  • Freemium: A standard offer allows customers to use limited services with no fee, if your customers want more, offer them with freemium to make them pay for extra services.
  • External links: Apps can provide links to services and products in any format, such as a book, an MP3 file or a podcast.

Conclusion

Telemedicine is a valuable technology in linking hospitals, clinics and medical businesses with patients to prove beneficial to them, such as, minimising the doctors’ and patients’ travel time, increasing the quality of healthcare facilities, expanding access to remote areas, etc. The market trends indicate that the need for telemedicine apps is increasing in the global market. So, it’s the right time to create a telemedicine app now! Become one of the first to benefit from telemedicine app development!

If you want to choose a reliable technology partner in Asia to build your telemedicine app, contact us to start together today! AgileTech is an experienced technology outsourcing company that has intense experience in this market, so we can help you with building web and mobile products and creating a clear picture for your business to succeed. Maybe your product will be outstanding in the telemedicine app  industry.

上部へスクロール